検索結果:1009


写真タイトル管理番号分類年代技法特徴
清水市名所案内 511 お土産手ぬぐい
昭和後期(31~64年)
注染細川
清水市観光案内地図。清水市三保 真崎太平楽。
舞子観光記念 510 お土産手ぬぐい
昭和後期(31~64年)
注染差し分け
舞子の海の風景。
びわ湖みやげ 大津絵 508 お土産手ぬぐい
昭和後期(31~64年)
注染差し分け
石山寺の月。藤娘、槍持ち奴。
「みんなみの熊野の浦の」 509 お土産手ぬぐい
昭和前期(1~20年)
捺染
「みんなみの熊野の浦の黒潮のうねりのりこしこれの鰹ぞ」の和歌と小舟の絵柄を染める。丸に「比佐」の印がある。田中比佐良原画。
あじさい 長田区役所 507 お土産手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
あじさいの花。長田区役所。
大阪名所三景 506 お土産手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染細川
大阪城、御堂筋(新歌舞伎座)、住吉大社の三名所を色紙形に描く。
安来節を踊る女と桜 505 お土産手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
枝垂れ桜、安来節を踊る女。「安来みなとの朝きり晴れて浮いた十神の深みどり」。
白浜温泉入湯記念 こけし 504 お土産手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
こけしの図。「湯の郷の思い出語るこけしかな」。SHIRAHAMAのローマ字。
伊勢内宮前 参拝記念 岩戸屋 おたふく 503 お土産手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
お多福のお面。「おたふく餅」の岩戸屋。
国宝姫路城 502 お土産手ぬぐい
昭和後期(31~64年)
注染差し分け
姫路城、はの門の図。
下田?泉 間戸ケ浜 497 お土産手ぬぐい
昭和後期(31~64年)
注染差し分け
「行こか柿崎もどろか下田ここが思案の間戸ケ浜」の唄。唐人お吉の唄。黒船を眺める女性(お吉)の後ろ姿。間戸ケ浜風景。下田?泉。
鞆の浦仙酔島 錦木別館宿泊記念 501 お土産手ぬぐい
昭和後期(31~64年)
注染差し分け
鯛、鞆の浦風景。政府登録国際観光旅館錦木別館宿泊記念。豊田氏の宿泊時のもの。お嫁に行く時に多くの手ぬぐいを持たせる風習があるという鞆の浦走島を訪ねたが、その風習はこの時点では全く残っていなかった。
串本応挙芦雪館 500 お土産手ぬぐい
昭和後期(31~64年)
注染一色
串本の橋杭岩の風景。無量寺にある応挙芦雪館の手ぬぐい。円山応挙、長沢芦雪の襖絵を収蔵。
安芸の宮島 499 お土産手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
「安芸の宮島廻れば七里」の唄。五重塔、大鳥居、ロープウェイ。日本三景宮島観光記念。
紀州紀の国みかん舟 498 お土産手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
みかん舟、みかん、紀の国屋文左衛門、長保寺と多宝塔
西国第一番札所 那智の大滝 496 お土産手ぬぐい
昭和後期(31~64年)
注染差し分け
西国第一番札所、青岸渡寺、那智神社、飛滝神社 の文字。那智の大滝風景図。
鞆の浦観光記念 495 お土産手ぬぐい
昭和後期(31~64年)
注染差し分け
おみやげの文字。網にかかりはねる鯛、鞆の浦風景図。
西国第一番 那智山 494 お土産手ぬぐい
昭和後期(31~64年)
注染差し分け
西国第一番札所である那智山青岸渡寺。那智の滝と三重の塔の風景。
但馬湯村温泉 湯村小唄 湯村節 493 お土産手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
但馬の湯村温泉。桜、紅葉の散らし模様、踊る人のシルエット。
有馬温泉 492 お土産手ぬぐい
昭和後期(31~64年)
注染差し分け
豆絞りの地に、斜めに有馬恋しや六甲の霧にぬれた湯町の遠明り の詞と紅葉、温泉マーク。



検索画面トップへ