検索結果:1009


写真タイトル管理番号分類年代技法特徴
須崎電気商会 48 ご挨拶手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
電球、蛍光灯、ラジオ、洗濯機、炊飯器などの図とSEのロゴ「テレビ電化製品電灯工事、ポンプ工事 須崎電気商会」。この頃の家電製品がわかる。
フジタ看板塗装店 47 ご挨拶手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染一色
フジタのマーク入りシャツを着た人物がペンキ缶と刷毛を持って歩いてくる図。静岡市駒形の看板塗装店。静岡の百貨店田中屋から戸田屋に長く注文があった。同じ型で色を変えることもあった。看板店では下絵はお手の物であったであろう。
フジタ看板塗装店 49 ご挨拶手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染一色
フジタのマーク入りシャツを着た人物がペンキ缶と刷毛を持って歩いてくる図。静岡市駒形の看板塗装店。静岡の百貨店、田中屋から戸田屋に長く注文があった。同じ型で色を変えることもあった。看板店では下絵はお手の物であったであろう。
八木パン 45 ご挨拶手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
ボカシ
パンを抱えた子供の図。「僕も私もにこにこパン食」八木パン。
キューピーマヨネーズ 51 ご挨拶手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
テーブルをのぞき込むようなキューピーのキャラクター。「キューピーマヨネーズ」。
寿し みなと 39 ご挨拶手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
立喰 寿し 清水市 みなと
寿々木 40 ご挨拶手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染一色
大きなダイヤの指輪が光っている。
光金剛足袋 小林伊吉商店 42 ご挨拶手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
「大丈夫跣足袋」「光金剛足袋」 の文字とマーク。行田市小林伊吉商店。行田は足袋の産地であった。
エイセイ石鹸(レベル油脂株式会社) 44 ご挨拶手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
泡をあらわす水玉模様は石鹸関係の手ぬぐいによくみられる。
小山洋服店 43 ご挨拶手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染細川
天鯨青色にTailorの文字を白抜きし、上から細い濃紺の線を重ねる。スーツ地を思わせる意匠。行田市小山洋服店。
マロミ美粧院 41 ご挨拶手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
Paermanent Wave の文字を散らす。沼津市の美粧院。
成羽魚市場 38 ご挨拶手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
背景に豆絞り模様、青海波模様。帆掛け船型に「大量」松茸に「豊作」。中央に魚の絵文字。アキオカとよませるものか。
イトウ石材店 30 ご挨拶手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
石塀、庭石に灯籠をあらわす。石材店の手ぬぐい。
車屋 大久保商店 35 ご挨拶手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
天鯨に源氏車。西武百貨店を通し戸田屋に昭和30年頃から注文があった。車屋さんといってもどのようなくるまだったのだろうか。
新月ベーカリー 28 ご挨拶手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
富士川町、新月ベーカリー。新月にちなむ円形モチーフに「パンとケーキ」、「和洋御菓子」。麦の穂のような曲線モチーフ、多重線の直線モチーフをランダムに配置。
繭副蚕糸生糸真綿 桝沢商店 37 ご挨拶手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
紺に白あげで、成虫、繭、糸かせ、糸巻き。岡谷市の商店。
足柄上石工組合 36 ご挨拶手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
石塀のような石組みの図。
平間運送店 29 ご挨拶手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
天鯨に磐田を中心に、左右の「大阪」、「東京」の文字野の間を直送便の文字入りトラック型が結ぶ。磐田市、平間運送店。昭和中期には各地に運送店があり、地場産業品を輸送していた。
高橋養魚場 34 ご挨拶手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
ボカシ
鯉の滝登りと金魚図。錦鯉・金魚・熱帯魚・川魚。川崎市の問屋高橋養魚場。
松永ふとん店 31 ご挨拶手ぬぐい
昭和中期(21~40年)
注染差し分け
マットレスに片手で倒立する子供。「エバーソフトマットレス、白旗マットレス、安眠デラックスわた」。住所はシミズギンザとカタカナ表記。寝具も綿からウレタンに移り変わっていった。



検索画面トップへ